読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webhack / 猫とウェブ技術が好き

javascriptやcssやHTML5とかサーバーサイドの技術やプロジェクトマネジメントとかウェブに関するマーケティングとかWEBを取り巻く全般を好きに書くブログ

勉強すると面白そうな上に転職するときに給料が上がりそうなプログラミング言語9選

f:id:tkosuga:20151029125122j:plain

Photo credit: Atomic Mutant Flea Circus

転職サイトが運営しているオウンドメディアで見かけたプロのエンジニア9人が徹底解説!おすすめのプログラミング言語9選の内容が色々と凄かったのでそれにインスピレーションを得ての記事になります。

ここ数年で新しいプログラミング言語も登場していますし、これまでマイナーだった言語が一気にメジャーに上がって来たものとあるのでそれらを合わせて勉強しておくと転職するときに給料が上がりそうな言語を選びました。

1. Scala

良く給料が高いという情報を目にするので1つ目に挙げました。JavaVM上で動く関数型言語なので他関数型言語の経験があれば、すんなり楽しめると思います。

そんなに新しい言語ではないと思いますが、ここ数年で起こった「動的なスクリプト言語よりもコンパイラの恩恵を受け取れる静的な言語の方が良いよね、JavaVMで速いし」みたいな風潮で押し上げられた感じです。

2. Swift

iPhoneなどiOSアプリ開発者の需要は多く転職サイトで人気の職種です。

新しく登場した言語、需要がある、給料も高い、アプリ開発者として独立できるスキルが身につく(こじつけ)。という事でSwiftを勉強して「アプリ作れます」と胸を張って言えるようになれば、色々な企業からモテると思います。

ただ給料が高いのはアメリカとか海外の話で、日本国内のアプリ開発者の給料が高いイメージが全くないんですよね。どちらかという安い割に激務という印象です。

3. Ruby (Rails)

Railsが今までPHPが居たポジションに取って代わったイメージがあります。実行速度で言えばPHPの方が速いですが、Rubyが遅い訳ではなくRailsが遅いんだ、仕方ないんだという言い訳が若干通用します(Ruby2.1以前は遅かった)。

Rails3はMerbと統合された影響かしっちゃかめっちゃかでRailsやばいかもと思っていましたが、Rails4になってスッキリとまとまりました。

需要と供給で言えば、Rails経験者の求人数が多いので実務経験とスキルがあれば簡単に転職できるはずです。

4. Javascript (Node.js / React.js)

GitHubで盛り上がっているReact.js界隈を見てちょっと羨ましいと思っている人も多いのではないでしょうか。

Javascriptという言語にそこまで興味や関心がなくても、Node.jsとReact.jsで作られているアプリケーションを見て「こんなのが簡単に作れちゃうんだ、なんか凄そう」と言う空気が醸し出されています。

実際に作るのは簡単ではないのでしょうが、お祭りに混ざってわっしょいわっしょいしていたら、いつもまにかスキルが身についていてラッキー。憧れのハッカーになれました。なんて展開があれば最高ですね。

5. Elixir

これを勉強して転職しようと考えるのは賭けだと思います。本当に流行るのか、これから主流になるのか全く分かりません。

Railsの代替えとしてPhoenixの話題が良く上がりますが、そもそも今の時代にパフォーマンスを気にするウェブアプリケーションを作るのであればRailsを使いません。

Rails経験者がErlangで動くプログラムをRubyっぽく体験するのは楽しそうです。でもCoffeeScriptの今を見るとRubyっぽい事にそれ程大きな意味はあるのかなあと考えてしまいます。

6. Go

Googleが開発したGo言語です。プログラミングする楽しさ的な面で言えばGoは「硬い」ので他言語よりも劣る選択肢かも知れません。

Goプログラマを必要としている企業も同じようにベンチャーなんですが「硬い」イメージがあって給料が良さそうなので転職を考えている人にはおススメです。

7. Rust

だんだん勢いで書けなくなってきました。あまり話題になりませんがRustを勉強するのは面白いと思います。

ウェブアプリフレームワークのIRONもあります。Rustの何が良いかというとポインタが使えるし思いっきりC言語っぽい所です。

GitHutを見ると28位でした。C/C++でサーバーサイドのプログラミングしたい人にはRustが一番しっくりくるかも知れません。

8. Lua

C言語の拡張として使われるスクリプト言語です。Angbandのソースコードをいじってるときに、ダンジョンの生成とかステータス異常とか、後はパッチを当てるのにLuaが使われていて凄い便利という印象を持ちました。

GitHutでLuaは22位なのでRustよりも人気ですね、どんぐりの背比べですが。

今調べてみると画像処理ソフトでも使われる事があるらしく、もしかすると隠れた高給取りなプログラミング言語かも知れません。

9. Julia

今からR言語を勉強するのも、だいぶ乗り遅れた感あるよね。そんなあなたにはJuliaがおススメです。2012年にオープンソースで公開されたばかりです。

Juliaは全く触ったことがないので何も言えないのですが、けっこう速くて快適らしいです。同じ用途で使う言語としてはPythonが絶対王者として君臨していますが「Rも好きだよ」という人にはJuliaも気に入るんじゃないかと思います。

最後に

プログラミングするの楽しいですよね。